デリヘルで懐かしいと思わず言いたくなる風俗あるあるネタを集めてみました

デリヘルでも今やオヤジ呼ばわりされる歳になってしまった世代のあの頃の懐かしいネタやちょっとエッチな大人のお話が満載

*

本気で勘違いしている売れないデリヘル嬢

   

本気で勘違いしている売れないデリヘル嬢千葉のデリヘル店では、女友達から可愛い女の子を紹介して貰えると期待して逢って見たら全く可愛くないというのは良くある話で、女性目線での可愛いは信用できないものかもしれません。

女性目線での友達前提での同姓評価というのは、単なるデブで100歩譲っても可愛くないと思える女の子だけに、からかわれているのか、騙されているのか、売れ残りの押し付けかと言いたくなるほど可愛いという基準は本当に違うものです。

自分は可愛いと本気で思い込むブスなデリヘル嬢

自分は可愛いと本気で思い込むブスなデリヘル嬢物理的に下っ腹が出ていて、樽みたいな体系なのに『この風俗店は稼げない』と言って何件もの風俗店を渡り歩くデリヘル嬢というのはいるもので、自分が売れないのはお店が悪いと判断するデリ嬢が居るもの確かです。

千葉のデリヘルを利用する男性客は、ブスだからとチェンジする人は少なく、気の優しい男性客は素直に諦めて体裁程度であっても『可愛いね』と心にも無い言葉で言うものですが、自分はやっぱり可愛いって認めてもらえるんだと、心から勘違いするブスはいるものです。

女性の容姿というのは普段はどんな男性であってもあまり気にしないものです、同じ会社で働く女性にだって顔で決めているのではなく、仕事の能力や配慮だったり気遣いだったりと容姿以外の能力で仕事をしているので、何一つ問題に感じることもありませんよね。

しかし千葉のデリヘル嬢に関してはブスほど性格が悪いというのも常識だったりするのです、ブスであればリピーターなどは当然いないだけに、一日中待機所で待っていても全く稼げなかったというのを業界用語で『お茶をひく』と言います。

千葉のデリヘルで人気嬢ともなれば、お客様の接客の合間に一時的に待機所へ戻ることはあっても基本的に仕事が続きますし、普通の容姿であればそれなりに最低限でも仕事がありますが、ブスは待機所に根を下ろしずっと居座るので何で私ばかり稼げないと不満が募るのも当然です。

デリヘルで遊ぶお客様がすべて優しいお客様とは限らないだけに、仕事から待機所へ帰ってきた女性は同じ待機所にいる女性に愚痴のひとつも溢すのですが、待機所の番人となっている売れないデリヘル嬢からすれば、そんな情報しか耳にしないというのも現実だけに、他の女の子もみんなこの店の客層が悪いと言っていると後ろ向きな話を話題にする事が頻繁となり、風俗店にとって最悪な情報源となる可能性が高いのです。

自分ばかり売れないというデリヘル嬢は性格的に卑屈になって考えてしまう傾向が強いだけに、千葉のデリヘルを利用する男性客に接客でがんばろうとか、楽しい雰囲気を作ろうという努力すらなく、自分の価値を認めてもらいたいという気持ちをお客様に向けてしまう為に容姿的な問題よりも、また逢いたいと考える男性客がいないという結果を招きやすいとも言えるのです。

稼ぐ為に千葉でデリヘル嬢になった、そして待機所ではスタッフからも面倒と思われるので自然と放置となっていくだけにイライラする苦痛の時間が続くので新人期間が過ぎて稼げなくなると短期間で他の風俗店に移籍するという結果が待っています。

基本的に千葉県内で同じ商圏内にあるデリヘル店への移籍は、引抜などの誤解を招く恐れがある為に風俗店としては遠慮して欲しいし、受け入れ側としても掛け持ちだけは避けたいと思うのですが、ブスに関しては問題にならないのは、お察しの通りですね。

つまり、勘違いした売れないデリヘル嬢は定期的にいろんなデリヘル店を転々とするのですが、業界用語で『てんてん虫(転々虫)』と言い、移籍先のデリヘルで新人期間が終ればまた不満を言って他店へ移籍となるだけに、千葉のデリヘルを楽しむ男性客としても新人だからと期待してブスを案内されたと、がっかりするのも判ります(笑

千葉のデリヘルで期待の新人女性を探す時は、未経験というのが一つの指標になってきます、普通に新人と紹介されている女性は経験があるだけに、高確率で他店では稼げなかったという事があるという事ですね。

 - デリヘルあるある

  関連記事

デリヘル嬢に聞いた風俗客のあるあるネタ
デリヘル嬢に聞いた風俗客のあるあるネタ

日本全国どこへいっても楽しむことのできるデリヘルですが、風俗嬢たちだけがしってい …